渡辺明応援サイト -- このサイトは勝手ながら将棋プロ棋士渡辺明さんを応援するページです。

トップページに戻る

スポンサーリンク
観戦した感想のページにもどる
2015/01/22,23
第64期王将戦第2局 対郷田真隆九段

本局は渡辺王将後手で角換わりでした。

この▲5六銀の局面で渡辺王将は△6五歩と位取りの手を指しました。

▲2九飛の局面。ここからしばらく膠着状態が続きます。

角交換以降再び駒がぶつかった▲4五歩の局面で1日目が終了。封じ手は△8二飛でした。

▲4七銀の局面。この手がいい手のようでやや先手が指しやすくなりました。

このままだと▲5六歩または▲4六銀があるので、渡辺王将は△5五銀でしたが、▲4五桂などの手を与えるのでどうだったか。

その後、▲4五桂に対して△7五歩と攻め合いにいきました。

△7三桂の局面。ここでの私の予想は▲7六角でしたが、郷田九段の次の一手は▲4一角成を見た▲7四角でした。

△3三同金寄の局面。▲4五歩で角が詰んでしまいますが、それ以外だと▲4一角成があるので仕方がないようです。

△6七桂の局面。ここから3連続で同金と取られて渡辺王将が苦しくなったようです。

△8五同桂と△8五角成の局面。ここではそれぞれ▲8五同銀、▲8二飛が良かったようですが、それぞれ▲2四歩、▲3七玉だったので助かりました(それでも後手苦しいですが)。

△4二歩の局面。ここでの▲3八銀がまずかったようで逆転してしまいました。▲4一角なら後手の負けでした。

△5七銀不成の局面。この局面で郷田九段の投了となりました。

相手のミスがあって拾った1勝なので素直に喜べない気もしますが、それでも渡辺王将の2連勝となりました。第3局以降も頑張ってほしいです。

スポンサーリンク