渡辺明応援サイト -- このサイトは勝手ながら将棋プロ棋士渡辺明さんを応援するページです。2013年獲得賞金•対局料第1位おめでとうございます。

トップページに戻る

スポンサーリンク
観戦した感想のページにもどる
2014/03/26,27
第63期王将戦第7局 対羽生善治王位•王座•棋聖

本局は渡辺王将後手で中飛車でした。今シリーズ2回目の採用です。今後の裏芸になるでしょうか。

それに対して羽生三冠は、星野良生新四段考案の超速3七銀で対抗しました。

第4局では▲7八玉~▲6八銀でしたが、本局は▲5八金右でした。

▲7七角で、先手は持久戦志向です。

その後、両者ともに穴熊に囲いあいました。

▲3五歩からの仕掛けを警戒して△5一角でしたが、それでも▲3五歩でした。

ここで1日目が終了。封じ手は▲3四銀でした。

△7五歩の局面で羽生三冠の次の手は▲5五歩でしたが▲同歩だったかということでした。

このあたりで後手有利があきらかになってきました。

△5五角と手順に出させるようでは後手の穴熊が生きてきます。

ここで飛車取りを放置して、△8七歩成~△8六歩~△8五歩と攻めました。

金2枚は渡しますが飛車を取った方が大きいです。

△4九飛は次に△8九飛成と△4七飛成があるので受けようがありません。

△7二銀は手堅い。

▲1七角と最後に活用させましたが…

△5六銀で先手玉は必至で後手玉に詰みはないので後手の勝ちとなりました。

これで4勝3敗で防衛となりました。二冠堅持おめでとうございます。

スポンサーリンク