渡辺明応援サイト -- このサイトは勝手ながら将棋プロ棋士渡辺明さんを応援するページです。2013年獲得賞金•対局料第1位おめでとうございます。

トップページに戻る

スポンサーリンク
観戦した感想のページにもどる
2014/02/27,28
第63期王将戦第5局 対羽生善治王位•王座•棋聖

本局は渡辺王将先手で角換わりでした。

同型の角換わりは後手不利とみて先に△3三銀なので先手も▲2五桂の余地を残すために▲2五歩とせずに▲4八飛と4筋から攻める意思表示をしました。

それに対する△4三金右(36手目)では△4二金右もあるところ。

その後、▲4五歩△同歩▲同桂と桂馬を跳ねることができるので▲2五歩(39手目)と指しました。この手は後の▲2六角(49手目)もみています。

△1二香の局面。ここで攻めずに▲1八香△1一玉と穴熊にもぐらせてから、▲4五歩と攻めました。

△2二玉の局面で前例は▲1四歩でしたが、渡辺王将は▲3五歩と指しました。

▲6八金右の局面で1日目が終了。封じ手は△7八銀成でした。

▲7八同金の局面で、△8六歩~△8七歩でしたが、△6九角~△8六香だったか。

この後先手は飛車を詰まされましたが、角を切り、銀2枚を使って飛車を成り込みました。

△1二同玉の局面。ここで▲6九金が受けの決め手でした。

この後も▲5六歩(97手目)で角を動かさせてからの▲1八飛(99手目)や▲2六香(105手目)で渡辺王将の勝ちとなりました。

これで相手の勢いをなんとか止めて渡辺王将の3勝2敗となりました。カド番の羽生三冠は強いので第6局も頑張ってほしいです。

スポンサーリンク